フォトアルバム

アートショップ

« 種子島ブルーオーシャン悲報 | メイン | 種子島新年会 »

2015年1月14日 (水)

種子島リンちゃんへ

心が乾いてしまう前に、あなたへ
 
リンちゃんへ
 
あなたはどうして今ここにいるのかわかりますか?
 
1月12日
今日は少し遅めのランチを一緒に食べお互い自由行動
私はPCのメールチェック、YouTube鑑賞など
リンちゃんは庭でのんびり日向ぼっこ
いつもと同じ平凡な1日
リンちゃんは午後3時ごろ1回帰ってくるが私が遊んでやらないのですぐに出ていく
夕刻散歩の時間も近づき帰りが遅いので庭に迎えに行く
さっきまでいたはずなのに姿がないので通りに出る
手をたたき、口笛を吹いてもあらわれない
お向かいさんの家でも行っているのだろうか?
再び手と口笛を!
道を少し南下してみた
ゴミ集積所の横に白い毛のかたまりを発見
近づくにつれ悪寒がする
まだら模様、首輪、ネックレスと
それがリンダであることがはっきりしてきた
だが全身血だらけで元気なリンちゃんの面影がない
近づき声をかけ体をゆすってみるが耳や口から血が流れ顔も変形している
(つづく)
 
 

003

(事故翌日) 
 原因を調べるために翌朝現場を再確認することにした
 道路からここまで引きずられた跡がありもとをたどる
 下り線道路上に車にあたって爆発したような血痕
 後輪右側ダブルのタイヤで血を引きずった跡
 この状況から苦しまずに死んだことを想像出来る
 

004

(つづき)
訳も分からず抱きかかえ家に連れて帰り声かけ脈とりなどを繰り返す
死後硬直も始まり自分の無力さを知る
せめて血だらけのこの体をきれいにしてあげようと
回復をあきらめシャワー室へ
いつもはじっとしてられないリンちゃん
特に耳に水が入るのを嫌うが今回は何をしても大丈夫
何を話しかけても返事もくれない
 
洗い終わった体をタオルでふき取りドライヤーで乾かすがまだ耳や口から血が流れ出る
何度かタオルを変えてなるべくきれいな姿で衣装箱に入れてあげる
いつの間にか片道の長旅支度をしていたことに気付く
 
 

005

1月14日
お別れするのはつらいけどそろそろ落ち着ける場所に送りましょう
と、何よりも自分の気持ちを整理したかった
 
 
種子島に生まれ、種子島で育つ
ブルーオーシャン開業当時にこの世に生を受けやって来たリンちゃん
種子島の海とゲストハウスしか知らないリンちゃん
最初は面倒をかけられお荷物扱い
毎日、飯や寝起きを共にして少しづつゲストハウスになじみ人気者になる
最後の役職は営業部長で接客もかなり上手
寝起きの舌洗顔は特にうるさく毎日顔がべたべたになる
 
また亡くなった今、自分がリンちゃんにどれだけ救われていたかを知る
あなたはペットの領域を超え家族であり最愛のパートナーになりました
6年間の短い生涯でしたが、あなたにとってここの暮らしは幸せだったのでしょうか?
もし共に生きたこの時間を幸せだったと思ってくれれば幸いです
せめてあと4年は一緒に暮らしたかった
見通しの良い道路でなぜ?今まで訓練してきたのに?
神様が作ったあなたの時間、タイムリミットでしょうか?
納得ができませんが、どうすることもできません
長いようで短かった時間、楽しかった
本当にありがとう
安らかにお休みください
さよなら、、、、、、、
 

006

リンダ
2008年8月8日5匹の長女として生まれ、2015年1月12日夕刻事故死(6年4か月と4日)
2015年1月14日旅立ち
 
                        喪主 ブルーオーシャン 菊地
 
 
 
 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/377552/33125863

種子島リンちゃんへを参照しているブログ:

コメント

親友のリンちゃんが亡くなってしまって、私も悲しいです…リンちゃんと一緒にダンスを踊った日々を忘れません。
天国でもしっぽをフリフリ、みんなの人気者になってるでしょうね!
ご冥福をお祈りいたします。

菊地さんご無沙汰してます。
突然のことでビックリしました。リンちゃん亡くなってしまったんですね…10月にれいこさん達と一緒に会いに行けなかったことが本当に悔やまれます…
リンちゃんの愛くるしい笑顔を僕は忘れません。
ご冥福をお祈りいたします。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

心身ともに大変な時だと存じますがくれぐれもご無理をなさいませんように。


リンに接待されたゲスト達の心の中に永遠と生き続けるでしょう。 俺も絶対忘れません。


 

旅行に行くたび、人に会うたびに「また会える」「いつでも会える」「また来るね」と思っている自分が、なんとわがままで自分勝手なことか・・・・
そこには、いつもリンダがいるんだと信じこんでいました。
私の頭の中には、いつも菊地さんとリンダがセットで焼きついています。

リンダありがとうね。

菊地さんお久しぶりです!
リンダ、残念ですね。
夏らしくなってきて
ブルーオーシャンのことが気になり、
リンダのことがわかりびっくりしました。
菊地さんに可愛がって頂き、感謝しています。
リンダも幸せだったと思います。
また、種子島に遊びに行きますので、いつも通りビール飲みましょう!g`day mate!!

コメントを投稿